切ない文が飛び込んできてしまいました。

前日、私のいる地元のモールで
通り魔殺傷案件が発生してしまいました。
嫌疑奴は30勘定の紳士で「混合無秩序症」を長年にわたって
患ってあり「これで終わりにしたかった。」
「死刑になれば一生が終わらせられると思った。」と
冷静に警察に対して答えていたそうです。
死者は全て妻でした。
60勘定女性が1呼び名亡くなり、70勘定妻1呼び名が重傷
40勘定と30勘定女性が軽傷とのケースでした。
当然嫌疑奴が間違いもない関係ない一般人に
刃物で刺したケースに関しては無理矢理腹黒い事です。
私もこういう通報を見た時はそういった考えでした。
そのあとに、はからずも頭に浮かんだのが
小学校時代の同級生の事を思い浮かべました。
その同級生は外見上は当社と本当に同じですが
いわゆる「知性延滞」を有するキッズでした。
そのために、現実を徹頭徹尾知らないヒトに
暴行に間近い声明を受けてたりしていたのを
思い出しました。結果そのキッズは中学校から養護学院へ赴き
当社とは逆な生活になりましたが、出来上がり持って
そんなバリアーや身なりを持って考え込むヒトは
世の中にたくさんいると思います。
こういう嫌疑奴もあんな内的ストレスから
そんな故障振る舞いに出たのかもしれませんね。http://www.adnbarranquilla.co/